審美歯科でレッツホワイトニング!|白くて輝く歯へ

歯の手入れ

歯を失わない為に

京都市北区エリアの歯医者で行なう虫歯治療

白い歯

虫歯を放置していると徐々に症状が悪化してしまいます。初期の虫歯であればしっかりと歯磨きを行なって、再石灰化を促して治ることもあります。しかしある程度進行した虫歯の場合は、基本的に歯磨きなどでは治すことは不可能だと言われています。虫歯を放置していると自分の歯を失うこともあるので、虫歯で悩んでいるという方は早めに京都市北区エリアの歯医者を受診すると良いでしょう。京都市北区エリアの歯医者で、虫歯部分を削ってもらうことによって始めて虫歯が治療できるのです。つまり虫歯は基本的に、進行してしまった部分を削らないと治療するのが難しいということなのです。虫歯部分を専用の道具を用いて削った後に、削った部位に被せ物をします。虫歯部分を削って取り除き被せ物を被せて虫歯の治療が完了したと言えます。

抜き歯に関すること

虫歯の進行具合によっては、京都市北区エリアの歯医者で抜き歯を行なう必要性が生じる場合もあります。抜き歯を行なう必要がある状態はC4とも言われています。C4の段階になってしまうと、虫歯菌が神経、そして歯の根まで進行しているので抜き歯する必要があるのです。場合によってはC4でも抜き歯を免れるというケースもあります。虫歯菌に侵された歯を抜いた後は、入れ歯やブリッジ、そしてインプラントなどで補うというのが主流だと言われています。それぞれに特徴がありますので、自分に適した方法を選んで歯を補うと良いでしょう。
虫歯によって歯を失いたくないという方は、虫歯にならないように日頃からしっかりと口内ケアを行なうというのも大切です。