審美歯科でレッツホワイトニング!|白くて輝く歯へ

歯の手入れ

人工の歯を埋め込む施術

歯みがき

虫歯や歯周病の進行、または不慮の事故などで歯を失ってしまうことがあります。歯を失ってしまうと日常生活に支障をきたす恐れもありますし、支障をきたさないとしても不便だと言えるでしょう。歯が欠けている不便な状態を打開する為には神戸エリアの矯正歯科で受けられる、インプラント施術がオススメだとされています。インプラント施術の特徴は、歯が欠けてしまった部位に人工の歯を埋め込むことによって補うという点です。埋め込む人工の歯はインプラントとも呼ばれています。人工の歯であるインプラントを使用するのでインプラント施術なのです。失ってしまった歯を補いたいという方は一度、神戸エリアの矯正歯科でインプラント施術を受けてみてはいかがでしょう。

まず歯肉に麻酔の注射を行ないます。歯肉に麻酔の注射をした後に専用の機材を用いて、顎の骨に穴を開けてインプラントを埋め込むスペースを確保します。そして確保したスペースにインプラントを埋め込むのです。神戸エリアの矯正歯科ではインプラントを埋め込んだ後、次の施術まで2~3ヶ月くらいの期間を空けると言われています。何故2~3ヶ月の期間空けるのかというと、埋め込んだインプラントを骨としっかり結合させるためなのです。骨としっかりインプラントが結合したのを確認したら、その後にヘッドと呼ばれる部分を埋め込んだインプラントに取り付けます。ヘッドを取り付けてその後に歯冠を取り付けることによってようやく神戸エリアの矯正歯科で行なうインプラント施術は完了なのです。